来て、見て、感じて播州織産地オープンファクトリー

播磨

来て、見て、感じて播州織産地オープンファクトリー

体験内容

  • 西脇市にある播州織を中心としたものづくり現場の見学
  • ものづくりを実際に体感する体験型ワークショップ

オプションプログラム

  • ものづくり体験型ワークショップは別途参加料がかかる場合があります。

テーマ性

  • 約170年前に、農閑期の副業対策として兵庫の真ん中、西脇市周辺で定着した播州織。糸の段階で染色してから織り上げる先染め綿織物は、地域を流れる清流加古川の軟水に育まれ発展した。
  • 戦後の経済成長期に地域経済を牽引する繊維産業として、世界中の有名ブランドに生地素材を供給してきた。しかし、アジア諸国の経済成長に伴い、繊維業界の活力は失われ、廃業が相次いだ。
  • 産地が直面したのは大量生産から小ロット多品種化、素材生産から最終製品生産による高付加価値化への転換である。この転換を進めるにあたり、地域ぐるみで若手デザイナーを受入れ、彼らの斬新な発想により商品開発に取組んだ結果、業界規模の縮小は続くものの、デザイン性の高い最終製品の供給により、高付加価値化や産地の認知度向上、業界の活性化は着実に進んでいる。
  • 本プログラムは、産地を訪れ職人たちと交流することで、産業構造変化や後継者不足に対する、アプローチを学ぶもの。

SDGs

体験場所

西脇市内の播州織を中心とした各企業・工場等

実施日

通年で実施

所要時間

1時間程度

料金

見学は基本無料(ものづくり体験ワークショップは別途参加料がかかる場合があります。)

受入可能人数

6名程度(最大15名の工場もございます。お問い合わせください。)

予約

予約方法

調整中

通訳

実施主体

オープンファクトリー実行委員会

問合せ先

西脇市産業活力再生部商工観光課
住所 兵庫県西脇市下戸田128-1
連絡先  0795-22-3111
営業時間 8時30分~17時15分(定休日:土・日・祝日)
E-mail shoukou@city.nishiwaki.lg.jp

アクセス

【西脇市中心部まで】
車:大阪から中国自動車道で約1時間
バス:新大阪駅から高速バスで約1時間30分
鉄道:新大阪駅からJRで約1時間40分

駐車場

訪問する工場ごとに異なりますので、窓口にてお問合せください。

よく見られているプログラム

プログラム一覧